Kenta’s BLOG Vol.1 緊急事態宣言

2020/5/28(Thu)

写真:DaBYチャンネル開設記念「金森穣×小㞍健太」インスタライブ(5月23日)
 インスタライブをすることになった。正直、SNSもLIVEも怖いし、アプリやらいろいろ使いこなせない。分からないことが多くていろんな理由でインターネットにはなんとなく抵抗がある。でも初めてのことをやる時は誰でもそうなんだと深く考えないことにして、一歩を踏み出すことにした。

 DaBYのオンラインコンテンツを実験的に行うという目的でDaBYアソシエイトコレオグラファーの鈴木竜と始めてみる。予想に反してたくさんの人が聞きにきてくれて、声をかけた仲間も賛同してくれてゲストとして出演してくれている。何よりみんなとスタジオで雑談をしているような雰囲気を久しぶりに味わえて、毎回とても楽しい。自粛中、元気に過ごせていると思っていたけれど、気付かなかっただけで些細ながらもストレスを感じていたんだなと思った。新型コロナの影響で活動の自粛が続き、崖っぷち状態の僕らダンスアーティスト(ダンサー、演出振付家)は、今後どうやって活動と向き合っていくのか大きな課題を突きつけられている。でも焦るとカラまわる。「何かしないといけない!」と思ってネットを見ると情報が溢れすぎていて処理しきれず、何から始めていいのかわからずぼーっとなる。

 まずは身体を動かしてマインドをすっきりすることから始めた。オンラインクラスをいくつか受けてみだけれどやっぱり続いたのは、身体が知っているダンスメソッド。バレエレッスンとイスラエル人振付家*オハッド・ナハリン(Ohad Naharin)のダンスメソッド*ガガ(Gaga)クラス。ちなみに5kmほどの短いジョギングも続いている。狭い家のスペース&オンラインクラスで上手くなることは難しいだろう。でも身体感覚や意識の持ち方の維持はできるのではないか。過去の感覚と比べることができるダンスメソッドだからそう感じるのかもしれないが、再発見も多くあり、家にいながら身体と脳に刺激をもらっている。

 この1ヶ月で少しずつメンタルも落ち着き、今後について考え始められるようになってきた。緊急事態宣言が解除されてもオンラインクラスは需要があるだろう。オンラインのダンスの在り方にも興味が出てきた。それと同時に、目に飛び込んで来る情報を選ぶ力を身につけないと迷うだけだと分かった。課題は見えできた。そろそろ始動したい。

 まずは仲間と語ることから始めようか。美味しい食と酒がいるな。早くみんなに会いたい。

————————————————————————————————————————————————–
(参照
*オハッド・ナハリン(Ohad Naharin):
イスラエル人振付家で、イスラエルを代表するコンテンポラリーダンスカンパニーのバットシェバ舞踊団(Batsheva Dance Company)の芸術監督兼常任振付家として長年活躍。激しくそしてしなやかなムーブメントを堪能できるダンス作品でありながら、社会問題をコンセプトといている斬新な演出は見るものを常に魅了する。特に『Sadeh 21』では涙が出た。近年はコンテンポラリーダンスカンパニーだけではなくパリ・オペラ座バレエ団など一流バレエ団のレパートリーとなるなどバレエダンサーの間でも一目置かれる振付家である。現在はカンパニーへの振付をする一方でフリーランスとしてイスラエルのテルアビブを拠点に活動。

*ガガ(Gaga):
イスラエル人振付家のオハッド・ナハリン(Ohad Naharin)が考案したダンスメソッド。元ダンサーであったオハッド自身の怪我からの復帰体験が基になったと聞いた。Gagaクラスでは、言葉で身体の中から動かすイメージを誘導してくれる。死海で浮いた時に感じた身体感覚のイメージが一番近いと思った。興味のある人は、一般向けの「Gaga/people」クラスもあるのでぜひ体験してみてほしい。ちなみにダンサー向けクラスは「Gaga/dancers」。

<お勧めオンラインクラス>
・オランダ国立バレエ団(Het National Ballet)のオンラインクラス
https://www.youtube.com/watch?v=FrISNpG0bZk
・ガガ(Gaga)オンラインクラス
https://www.gagapeople.com/en/