小林弘和と山田春奈によるクリエイティブ・ユニット。あらゆる記憶を取り入れ「SPREAD=広げる」クリエイティブを行う。「カラーとコンセプト」を特徴にプロジェクトに深く関わりながら、グラフィック、プロダクト、エキシビションのデザイン&ディレクションを行い、常に社会への問いを心がけている。

主な仕事に、東京ミッドタウン「六本木カラー渓谷」インスタレーション、「国立新美術館開館10周年」記念ビジュアル、ジャパン・ハウスロンドン展覧会「Living Colours」「Biology of Metal」、工場見学イベント「燕三条 工場の祭典」、コスメブランド「Celvoke」、「相対性理論」CDジャケットなど。

生活の記録をストライプ模様で表す「Life Stripe」を2004年より発表。東京、ミラノ、バーゼル、ベルン、シンガポール、などで展覧会を開催。2019年には新作「観賞用コントラスト」を発表。