Yoko Ando

横浜生まれ。 木佐貫邦子に師事。2001年よりフランクフルトバレエ団 (Ballett Frankfurt)にアジア人として初めての入団を果たす。 04年 フランクフルトバレエ団解散後も引き続きザ・フォーサイス・ カンパニー(The Forsythe Company)に在籍し、15年のカンパニー解散までの15年間、中心ダンサーとして、世界各国の舞台で踊り、フォーサイスの40作品に出演。
01年以降、カンパニーの活動以外では、自身が作/演出/出演するダンス作品発表のほか、国内外の音楽家や現代美術家等とのコラボレーション、メディアテクノロジーを使ったダンスの創作と教育などにも積極的に取り組んでいる。現在、横浜とNYを拠点に活動。

©Dominik Mentzos