DaBY チャンネル 開設によせて〜アーティスティックディレクター唐津絵理より〜 Updates on the opening of Dance Base Yokohama from Eri Karatsu, Artistic Director

2020/5/28(Thu)

本日、下記のとおり、「DaBYチャンネル」を開設いたしました。

 

▼Dance Base Yokohama(DaBY)内覧会ムービー

▼DaBYチャンネル開設記念ダンスムービー 「Happy BirthDaBY Vol.1」

Dance Base Yokohamaオープンにあたって *The English version is below.

さる4 23 日に開業予定だったDance Base Yokohama (略称DaBY)は、新型コロナウイルス感染症の影響で大幅に開業を延期せざるを得なくなりました。そこでコロナ渦でも実行可能なことを模索し、まずはオンライン上での「DaBYチャンネル」開設を528日に行うことを決定いたしました。そしてこの度の緊急事態宣言解除を受けて、最善の感染症対策を行いながら、6 月下旬をめざしてオンサイトでの本格的な開業準備を進めております。

DaBY は、日本国内においてダンスに関することを多面的にサポートできるダンスハウスの必要性と、ダンスに関心のある方々が気軽に集まれる場所を創設するという目的で設立されました。しかし、今回の新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、このプラットフォームに、オープン当初から集まることができないという不条理な状況に陥りました。それは、パフォーミングアーツにとって欠くことのできない場所/空間の意味、さらにはダンスと社会との接点について、今一度考察する機会をもたらしました。

一方で、このコロナ禍において、いち早くアクションを起こしたのは世界中のダンサーたちでした。自宅で踊る様子を映像で配信する彼・彼女たちの姿には、いかなる時でも踊り続けることを自らに課す、身体への高い危機意識を感じます。同時に、このパンデミックで犠牲になられた方々を弔うための鎮魂としての踊りや、災厄を鎮めるための祈りの舞など、ダンスの原初的な存在意義や社会的身体への形而上的な使命を感じる場面にいくども出会いました。それは、社会が危機状況に陥った時にこそ、犠牲になった方々に寄り添うことができるダンスの特性を通して、生死を繋ぐ魂の交感としての踊りそのものへの回帰を再発見した瞬間でした。

この度のDaBYのオープンは、奇しくもコロナによってもたらされた以前とは異なる世界へのスタートと重なります。そこで、友人のパフォーマーたちに、オープンのための「誕生/祝祭のダンス」への参加を呼びかけました。届けられた数々の映像を観ながら、これらは、 コロナと共生する社会へと生まれ変わる再生の踊りだと感じております。

DaBY は、こうした世界的なパフォーマーやダンスを愛する方々の拠り所になり、ダンスのもつ根源的な力を、傷ついた社会の再生に繋げていけるよう尽力して参ります。

 

Dance Base Yokohamaアーティスティックディレクター

唐津絵理

     

Updates on the opening of Dance Base Yokohama

Due to the COVID-19 outbreak, we unfortunately made the decision to postpone the opening of Dance Base Yokohama (DaBY), which was initially scheduled on April 23rd. Exploring ways in which we could continue our work despite this COVID-19 crisis, we decided to open our online platform “DaBY Channel” on May 28th. Furthermore, given that the state of emergency has lifted, we are finding ways to open the facility at the end of June, while proceeding with the utmost caution.

DaBY was established to respond to the need for a dancehouse in Japan that supports various creative practices related to dance. It attempts to provide a space that casually brings together anyone who is interested in dance. However, the COVID-19 situation made it difficult for people to gather together in the first place. This has definitely sparked discourses surrounding the value of performing art sites/spaces, as well as the intersection between dance and society.

During this global pandemic, the dancers were the first ones to take action. Seeing them share their dance videos from home, made me feel the urgency in their bodies and their determination to continue to dance. At the same time, I encountered dances that mourn the victims of this pandemic or dances that pray to calm this catastrophe. I witnessed how these works unfold the fundamental meaning of dance and the need for metaphysics for the social body. Seeing how dance can express empathy for the victims of a wide-spread crisis, I rediscovered how dance can connect the spirits of the dead and the living.

The opening of DaBY strangely coincides with the beginning of a different post-corona world. We asked some of our collaborators to dance a “celebratory birthday dance” for our opening. Watching the compiled videos, I see them as dances of rebirth – a transformation to a society that now co-exists with COVID-19.

DaBY hopes to be there for performers and dance-lovers across the globe and to weave the power of dance into the process of reviving this scarred society.

 

Dance Base Yokohama Artistic Director

Eri Karatsu