fragment #04 記憶について_DaBY Collective Dance Project

2020/8/29(Sat)

Darkness created by adults

Herds of children

splash fear

and excitement onto each other

Waiting to be sent off

 

I want to go

but I don’t want to go

All the children who came back

looked relieved

The lit corridors

may not be as scary

as it looks

 

 

There is something at the back of the gym

that we need to get

it’s there

But we can’t seem to get passed the toilet

We felt that

if we do get it

the teacher hiding in the toilet will come out

and scare us

 

 

“Tomomi” so impatient

goes into the gym alone

She seemed angry

at our cowardness and at her own fear

Only she knows what happened in there

As “Tomomi” came back

the teachers came out

and scared us

just as we thought

 

 

We all held hands,

screamed, and ran

“Tomomi” held us tight

and led us all the way

The fact that she was strong

or the fact that I can be weak

or

 

 

the fact that we all aspire to be a strong person

maybe, just maybe

all seems right

and seems wrong

I screamed and ran

out of excitment

 

DaBYコレクティブダンスプロジェクト

DaBYコレクティブダンスプロジェクトは、Dance Base Yokohama(DaBY)にて、異ジャンルのクリエイターがコレクティブな手法で協働して創作活動を行う新プロジェクトです。

本プロジェクトには、クリエイターとして、DaBYアソシエイトコレオグラファーである鈴木竜が演出・振付を務めるほか、20~30代の若手音楽家、映像作家、ドラマトゥルク、ダンサー、制作、また建築のバックグラウンドを持つ舞台美術作家が参加。従来のダンスの枠に囚われないクリエイターが集まり、各自の専門性・アイデアを生かした議論を重ね、複数の視点による実験を行うことで、新型コロナウイルス感染症が拡大する今を生きる新時代のアーティストたちによる創作の在り方を模索していきます。

半年以上前から議論を始め、2020年7月に本格始動した本プロジェクトでは、「認識のズレ」をテーマに、クリエイションの中でうまれる要素を、「fragment (かけら) 」と称し、映像・音・写真などの様々な媒体を用いた小作品として定期的に発表します。「fragment」を公開することで、創作の過程を可視化するとともに、トライアウトにおいては、それらをいかに構築しうるのか、さらなるパフォーミングアーツの可能性を探ります。

演出・振付   鈴木竜(DaBYアソシエイトコレオグラファー)
ダンス     植田崇幸 / 中川賢 / 畠中真濃
音楽      タツキアマノ
舞台美術    一色ヒロタカ / 宮野健士郎 (オンデザイン)
映像      大宮大奨
ドラマトゥルク 丹羽青人
制作      田中希 (DaBY)

詳細はこちら
https://dancebase.yokohama/event_post/collectivetryout-1